MENU
凌辱動画

反抗的な生意気な女子校生を拘束してアナル調教で従順なマゾ奴隷に調教!

ロリータ女子校生のアナル調教

個人指導という名の恥育

 

新入生を相手に特別指導を行うことにしました。ベルトで動けないように固定された彼女は、先生に向かって暴言を吐くので特別に玩具でアナルを調教してあげました。ついでにローターでクリトリスを責め立ててあげます。何度かイってしまったようですが、先生の言うことを聞くようにしっかりと指導してあげることにします。 出演者:矢部あおい

 

鬼畜王子のコメント

最初は生意気な言動や態度を取っていた女が、調教がすすむにしたがって、徐々に従順なマゾ奴隷に変わっていくのって興奮します。 結構可愛い女優さんで、こんな可愛い顔してるのに、アナルを責められてイッちゃうところなんか抜きどころだと思いますよ。 レビューにもありましたが、ローターで責められてるときに「ごめんなさい。」と喘ぎながら謝ってるところなんかたまりません(>_<)

このシチュエーションがナンセンス極まりないと思いきや、女子高生好きが高じて高校教師になった男なら、きっと一度くらいはこんな経験があるのかもしれませんね。 あながち絵空事ではないだけに、この設定が羨ましくなりました。 本作の『個人指導という名の恥育』では、矢部あおいが女子高生役を好演してましたよ。

フィクションとわかる演出にいささか物足りなさを感じますが、アナル責めには「え、そんなこと聞いてないけど…」という、一瞬マジな顔になるところにグッときちゃいました。 真相はわかりませんが、嫌がっているのは確実でしたね。 実際こんなシチュエーションで女子高生を捕獲できたら、自分ならどうするかを妄想したくなりましたよ。

私ならば、まずターゲットはシングルマザーの家の子を狙いますね。 日中は働いているでしょうから、放課後の情事で帰りが遅くなっても不審に思われずに済むのではないでしょうか。 まずは男のチンポを見せて、発情してもらうことが必要なので、フェラをさせれば後は万事OKのような気がします。

こちらの恥部を見せれば、相手の態度も変わりますものね。 本作の矢部あおいのような女の子がいたら、きっと教師が天職のように感じることしょう。 そんな性の奴隷を複数人作れただけで、もう人生勝ち組のような気がします。 いかに人生を謳歌できるかは、女の数に比例する…誰だかそんなことを言った偉人がいましたね~。 誰でしたっけ?あ、私でした(笑)

ロリータ女子校生のアナル調教


【無修正】凌辱専門サイト「Tokyo-Hot」

↑ ↑ ↑
Tokyo-Hotトップページにリンクしてあります。
美少女を凌辱する唯一無二の鬼畜サイトはTokyo-Hotだけ!